ゲームレビュー

【エバーテイル】戦略的なバトルや育成が楽しい!王道RPG

「エバーテイル」は2019年3月に発売が始まった超本格的育成RPGです!バトルの戦略性が高く長く続けているファンも多いゲームです。

メインストーリーでは手動でフィールドを移動し街やダンジョンなどを探索します。宝箱を探したり村人に話かけてクエストを受けたり、スタミナ制限もないため、家庭用ゲーム機のようなプレイができます。

また、冒険の中で捕まえた敵を仲間にして育てていき一緒にバトルで戦うことができる育成要素も楽しく、ついつい時間を忘れて遊んでしまいました!

エバーテイル 概要

エバーテイルのストーリーは、人間・モンスター・人間に似た亜人種族などが登場するファンタジーな世界を舞台に、主人公の狩人の青年「フィン」を中心に展開されていきます。

不死の魔神「エターナル」が率いる軍に自分の村を破壊されたフィンが覚醒、この100年に1回訪れる「劫魔節」という不死の魔人による惨劇から世界を救うため冒険に出る。

という王道RPGのストーリーです。

話のテンポが良く、分かりやすいシナリオ構成になっているのでストーリー重視でプレイする方にもオススメです。

ゲームの魅力

魅力① 戦略性の高い独特のコマンドバトル

「エバーテイル」の特徴かつ最大の魅力は独特なバトルシステ無です。一般的なRPGアプリは「スキルをタップするだけ!」みたいな簡素なものが多いですが、エバーテイルはしっかり考えて戦闘を行っていく必要があります。

プレイヤーは様々な種族の中から最大8人を選択し、負け抜けの入れ替わり制で戦います。エバーテイルはターン制でバトルが進みます。

バトルで重要なのがターンの攻撃順を決める「TU値」です。TU値はキャラクターが使用するスキルによって値が決まります。例えば、強いスキルを使うと敵に大ダメージを与えることができますが、次のターンが遅くなります。

さらに、スキルを発動させるためには「SP値」が必要です。TU値は、各キャラクターのスキル数値だったのに対し、SP値はパーティーで共有されており、数値が「0」になると、強力なスキル発動ができなくなります。

SP値は通常攻撃で増加し、スキルを使うと減少します。つまり、単純に強力なスキルを使ってゴリ押しすることが難しいです。他にも状態異常にさせたり、敵のターンを遅らせたり、キャラクターの耐性でSP値を回復したり・・・。

戦略的に戦う必要があり、この独自のバトルシステムがとても楽しいです。

魅力② モンスターを仲間にして育成ができる

フィールドの草原にはモンスターが潜んでいます。「エバーテイル」では出現するモンスターを捕獲し仲間にすることができます。

ターゲットの敵キャラを攻撃しダメージを与えることで捕獲成功率がアップします。

一定レベルまで達すると進化するモンスターも存在するため、育成にも力が入ります。

魅力③ 「途中からゲームが変わる?」2種類のストーリー

エバーテイルには「オフライン」と「オンライン」の2種類のストーリーがあります。

オフラインストーリーでは自分の足でマップを歩いていき、街やダンジョンを探索していきます。村人の頼みを聞いてモンスターを捕獲したりと王道RPGようなプレイができます。

オフラインストーリー(第1幕)をクリアすると、第2幕以降はオンラインストーリーになり、システムがガラリと変わります。
オンラインストーリーでは、フィールドを自由に歩き回れず、1マスずつ進めていく「すごろく」のようなシステムになります。ギルド戦などソシャゲ要素やイベントコンテンツも解放され、遊びの幅も広がります。

また、オフラインストーリーではスタミナ制限はないのに対し、オンラインストーリーでは戦闘する際にスタミナが必要になったりと、まるで別のゲームです。
戦闘システムはそのままで、オフラインストーリーのイベント戦では使えなかったオート戦闘機能も使えるようになり、他プレイヤーのキャラを借りる「傭兵」機能も使えるようになります。

簡単にいうと、第1章は「王道RPG」、第2章は「ソシャゲ」のようなイメージです。
システムが大幅に変わるので好みは分かれるかもしれませんが、私はサクッと遊べる「第2章」が好みでした。

エバーテイルのまとめ

「エバーテイル」は、オープンフィールドによる操作性の高さや重厚なストーリー、奥深いバトルシステムやモンスター育成システムなど、非常にクオリティが高い王道RPGです。

特にバトルシステムが面白く、シンプルだけど戦略性あふれる戦闘システムは遊ぶ価値ありです。

ぜひ、プレイしてみてください!