ゲームレビュー

【原神】美しい世界を自由に駆け抜ける。爽快なアクションRPG

「原神」は、ハイクオリティなグラフィックの世界を縦横無尽に歩き回れるアクションRPGです。発売以来、非常に人気が高く常に話題になっているゲームでもあります。

美しく広大なフィールドを自由に駆け回り、行けない場所はほぼないと言われるほどの自由度が高いです。世界観、キャラデザイン・キャラ設定に関しても細かく作りこまれていて、キャラそれぞれのストーリーがあります。

「RPGが好き」「オープンワールドを自由に駆け巡りたい」という方におすすめです。

原神の概要

「原神」は「テイワット」と呼ばれる無数の生命が集まり反映する幻想世界を旅します。主人公の双子の兄弟は、この世界で謎の神との戦いに敗れ離れ離れに。
この広大な世界で、謎の妖精パイモンと共に、七つの国と七柱の神を尋ねる旅を始めます。

ユニークな個性と能力を備えた多様なキャラクターと出会い、彼らと共に強敵と戦いながら、生き別れた兄妹との再会を目指していきます。

ストーリーはフルボイスで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と上海交響楽団による華麗なBGMも壮大な世界の舞台を盛り上げてくれます。

ゲームの良かったところ

良かったところ① 広大で綺麗なフィールドを自由に探索!

「原神」の魅力としてハイクオリティな3Dグラフィックがまず挙げられます。
美しく描かれた大自然・中世のような世界観の街・キャラクターのすべてが細部まで描写されています。

美麗で広大なフィールドを縦横無尽に駆け回り、「行けない場所はほぼない」と言われるほどの自由度が高いです。徒歩はもちろん「風の翼」での滑空や「壁のぼり」、水の中を「泳ぐ」など多彩なアクションが可能です。

キャラクターは最大4人編成から瞬時に切り替えることができるので、好きなキャラクターを操作して冒険を楽しむことができます。

良かったところ② 「 元素 」を化学反応させる! 今までにない戦闘&攻略

原神は「元素」を使用し、その特性を生かした戦いやダンジョン攻略を体験できます。
元素は「風・炎・雷・水・氷・草・岩」の計7種類となっており、各元素によって効果が異なります。例えば、敵の持つ盾を「炎」の元素で燃やしたり、「岩」でシールドを作ることができます。
ダンジョンでは障害物を「風」の元素で飛び越えたり「炎」で燃やしたりと特性を生かして攻略していきます。

また、元素同士を組み合わせて「元素反応」を起こすことで、大きなダメージを与えたり敵の動きを封じる事も出来ます。例えば、水と雷を組み合わせて敵を「感電」させたり、水と氷で敵を「凍結」させたりなど。キャラクターや敵の元素の相性を考えて戦い方を考えるのが非常に楽しいです。

気になったところ ①   スマホへの負荷が非常に高い

原神はグラフィックの良さと引き換えにプレイする際はスマホにかなりの負荷がかかります。現状の環境でも原神の容量は10GB前後です。

アップデートでキャラやストーリーが増えると、20GB以上という事も考えられるため、容量に余裕のある人でなければプレイが難しくなるかもしれません。

気になったところ ②   ガチャの排出率が悪い

原神ではガチャでキャラを増やしていきます。ただ、肝心のガチャの排出率が悪いです

ガチャの 「★5排出率」は、キャラクターが0.6%、武器が0.7%と渋いうえ、キャラクターと武器をランダムです。目的のキャラクターや武器を手に入れるには「80連、90連」の天井までガチャを引く必要がある場合も多く、複数キャラなどの獲得のためには課金が必須になります。

ただ、★4キャラでも問題なくゲームを進めることができますし、ストーリー進行で仲間も増えるのでゲーム自体は十分に楽しむことができます。

原神のまとめ

「原神」はグラフィックの美しさ、圧倒的スケールのオープンワールド、魅力的なキャラクター、「元素」を使った今までにない戦闘など、スマホの容量に余裕があれば間違いなくおすすめできるゲームです。

アクションゲームが好き、オープンワールドゲームが好き、幻想的な世界観のゲームで遊びたい方は、ぜひプレイしてみてください。